So-net無料ブログ作成
検索選択

PM2.5、福島原発事故の放射能汚染より健康被害が大きい!? [社会]

PM2.5が話題になっているが、福島原発事故の放射能汚染より健康被害が大きいと報じたメディアがある。しかし、そこで「比較」するというのは変ではないのか。なぜなら、どちらかを選択できるわけではなく、日本は両方かぶるのだから。さすがに、原発被害隠しと中国に対する敵対意識を煽る政治的報道ではないかと2ちゃんねるでも見抜いている書き込みが出ている。
1 名前:影の軍団子三兄弟ρ ★[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:16:09.93 ID:???0
日本を狙い撃ちするかのように中国からやって来る猛毒大気は、黄砂シーズンの到来する3月からが本番である。
「タクラマカン砂漠(新疆ウイグル自治区)やゴビ砂漠(内モンゴル自治区)など、中国西部や北部で舞い上がった黄砂は、
今問題になっている微小粒子状物質『PM2.5』を取り込み、中国沿岸の工業地帯を通過する際には、
気管支炎やぜんそくの原因となる煤煙をも吸着してしまう。

黄砂にはカビや胞子も付着していて、その一部は食中毒を起こす恐れさえある。煤煙を含む黄色い砂は、
今や黄砂とは名ばかりの真っ黒な砂です。それが偏西風に乗って日本に降り注ぎ、
太平洋高気圧の張り出す夏ごろまで続くのですから、実に厄介なのです」(環境ジャーナリスト)

これまで日本は中国に対し、巨額の環境ODAを続けてきたはずだ。それがこれでは合点がいかない。
「日本が技術援助をした脱硫装置(有害作用を持つ硫黄分を除去する)を設置していても、コスト削減などを理由に稼働させていないといいます。
ODAという名の援助金を懐に入れてしまい、代わりにニセモノの脱硫装置を付けても知らん顔をしている。

それがバレても『罰金を払えばいいんだろ』と居直る。環境保全に対する責任感など皆無です。
その結果が、中国発の汚染物質垂れ流しの遠因になっているのです」(同)

黄砂には、1980年以前の大気圏内核実験で残されたセシウムも含まれていると指摘する専門家もいる。
また、カナダの遺伝子学者のチームによると、精子の遺伝子構造の変化を発見したとの報告もある。

福島原発事故の放射能汚染より、中国からの汚染黄砂の方が、よっぽど健康被害が大きいのではないか…。

「PM2.5は、大気中に浮遊する粒子状物質のうち、直径2.5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の総称です。
ディーゼル車や工場の排ガスに含まれるすす成分が代表格で、硫黄酸化物や窒素酸化物など多様な物質を含みます。
通常のマスクでは防げず、防塵用やウイルス防御用でないと、あまり意味はありません」(環境省大気環境課)
http://wjn.jp/article/detail/3796347/
4 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:19:01.34 ID:2OMUXk6D0
それは無い。撒き散らかした放射能の方が恐い。相乗効果は有りそうだが。
6 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:19:59.21 ID:dCZWd5i+0
>>1
逆だ
PM2・5は10年前から変化していないのに突然取り上げだしたほうが
怪しい
どう考えてもこれからの放射能被害を大気汚染によるものと
誤魔化すためのお膳立て情報誘導だ
8 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 11:20:01.65 ID:xgmxj+f9O
黄砂や有毒ガスはただちに影響がある

でもまあ気を付けてれば死なないっちゃ死なないしな
光化学スモッグの中でも普通に生活出来てるし
9 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:22:06.81 ID:tLBcf1Ru0
それはありえないわ。
前都知事の石原が記者団の前でペットボトル入のPM2.5を撒き散らして遊んでたけど、
あれが放射性物質だったらテロリストとしてその場で射殺されても文句言えないレベル。
13 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 11:24:49.58 ID:8A3L49370
原発とこれを比較するのには無理があるよ
PM2,5は偏西風が変われば影響はあまり出ないが、原発はまだ撤去すらできない危険な状態だし
14 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:25:11.02 ID:NfaeltD30
鳩山が黄砂対策で中国に渡した1兆7000億円はどこに消えたの?
18 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:26:27.14 ID:o/CLYu540
日本が被る被害は、福島原発事故の放射能汚染 + 中国からの汚染黄砂
両者の優劣の比較なんぞ意味無し!
19 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 11:26:49.16 ID:DZGTcNYv0
若い人はピンとこないんだろうが
喘息を初めとした工業病のほうが怖いぞ…
32 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:41:31.88 ID:7b0vtI3f0
PM2.5は外交問題。
放射能汚染は国内問題。

PM2.5で中国が知らん顔してるのは、むかつくけどどうしようもない。
放射能で日本政府が知らん顔してるのは、むかつくどころじゃない。ふざけんな。
33 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:41:50.22 ID:5bAGRhl2O
福島の放射能で癌になり、死亡が確認されるのはまだ先。除染作業で被曝した人は量によっては分からんが。
中国の汚染物質は、呼吸器疾患のある人は直ちに影響がある。喘息なんかは、発作が酷ければすぐ死ねる病気だよ。
高齢者の喘息持ちや子供の喘息持ちはあっさりやられてもおかしくないが、喘息で死亡したって報道されたりしないし、
厚労省も把握しないだろう。どっちがより身近な恐怖かというと、中国の汚染物質。
36 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 11:45:32.38 ID:7/DPFB9j0
~より大きいのではないか?

ってさ、そんなに中国からの汚染黄砂の被害が大きいのなら、そこにさらに
福島原発事故の放射能汚染が重なるってのはより酷い状況ってだけだろう?

だったらせめて自国の問題だけでも早く対処する必要があるし、他の原発に
関しても更なる被害拡大を防ぐ意味でも稼働させちゃまずいものはさっさと
廃炉にして処理を進めるべきだよなあ。
37 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 11:45:49.19 ID:zG1c2+fFO
花粉、黄砂も考えたら関東も酷そうだな
東京人は何に対しても免疫力あるだろうから外食しまくったり震災当時も外出しまくったりしたんだろ
東京人は日本一たくましいかもな
東京には絶対に住みたくないけど
53 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 12:01:40.07 ID:Dtv3F+OE0
放射脳が怖くて子供を連れて九州に逃げたおばちゃんどうしてるかな
郡山で1人暮らし中の旦那と離婚したらしいけど
毒ガス吸いながら風俗暮らしでもしてるんか?
55 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 12:04:22.17 ID:jV53OUMV0
比較で言えば、
PM2.5の観測予測はできてすぐに公表されるのに、
3.11の放射線放射能の観測予測が全然できなかったのは
どうしてなんだろうか?
56 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 12:07:37.09 ID:u0h2a6P0O
>>55
それいつも思う
放射能に関しては知らんふり
今回の事に関してはメディアは連日やいのやいの
気持ち悪い
同じくらい取り上げろと思う
60 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/03/01(金) 12:15:06.41 ID:2TzVJoNF0
低脳反原発のアホに教えてあげるけどさw
福島の帰還困難区域の放射線レベルは年間被曝量が50mSv以上の地域
しかし年間被曝量が100mSvでも、発ガンリスクは0.5%増えるだけ
一方北京の大気汚染での肺ガンリスクはほぼタバコを一日一箱吸うのと同レベルで
これは非喫煙者の肺ガンリスクと比較すると数倍リスクが高まりますw

勿論北京のレベルからは、日本に到達するまでに1/10以下に減衰する訳だが
普通に帰還困難区域に居住するよりも発ガンリスクは高まるからwww
82 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 12:53:00.13 ID:NbxG2tBk0
「直ちに影響がない」んだろうけど、発症するレベルが違うからなぁ
PM2.5はまさにアスベストと同じ大きさの粒子だから、これが肺に吸着すると
肺がんや肺気腫と同じ症状がでるから怖い
107 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 14:00:52.24 ID:DZGTcNYv0
30年くらい前は、日本でも光化学スモッグ注意報が頻発されてたし
都市部の小学校のクラスに一人は喘息持ちがいたわけで
当時と比べれば、今の日本はだいぶ住みやすくなってるよw



nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 14

コメント 2

名無し

 黄砂被害が国内の放射能被害より悪質だというのはデマです。黄砂被害の歴史はもう数百年です。皆、放射能の突然死のような急死続発、急に爪がはがれることも無く、リンパが腫れることも無く、埃を排出しながら生きています。
 中国の嘘も可笑しいですが、日本の嘘も可笑しいです。
by 名無し (2013-05-09 18:41) 

NO NAME


そっちの方がデマ
黄砂に放射性物質が乗っかり始めたのはここ数十年で
化学物質も相まってこの数年で人的影響が発症という形を取り始めた
そしてPM2.5の話が上がり出したのはまず中国国内の報道からだからな
それが日本に伝播して日本でも騒ぎ出したのが真相

by NO NAME (2014-03-23 01:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...